人間の生きる道

感情をより良いカタチで解き放つ。

仕事が始まる週の前日はきまって不安定だ

その週に特にプレッシャーのかかることがなくても言い知れない焦燥感や不安感が突然一気に押し寄せてくる。

 

仕事に行きたくない。ただそれだけ。

 

日曜はすこぶる調子が悪い。

 

嫌なものは嫌なのだ。

 

行きたくなくて仕方がない。

 

 

適職ってどういうふうに見つけられるのだろう。

 

夜にこういうことを考えると頭が余計におかしくなる。

 

暗い暗いトンネルに入る。

 

もっと普通に生きたい。

 

波風が立たず、イレギュラーなことも起きず、決められたことを淡々とこなす仕事がいい。

 

 

仕事に行きたくない病

仕事に行きたくありません。

 

休日にも仕事のことを考えてしまう。

 

これは考えすぎる自分の性格が災いしていて、直しようもないことである。

 

 

仕事のことを考えて憂鬱になって、それを紛らわせるために暴飲暴食するが、効果は一時的で、かえって気持ち悪さと罪悪感で余計に苦しくなる。

 

「気にしなきゃいい」

 

確かにその通り。でもそれができない。できるかもしれないが難しい。

 

妙にプライドが高いんだよな。その割に自信がないし。

 

もっと普通に楽しく生きたい。

 

 

適度に生きたい。

現場の責任者なって2年目。

 

前年度同じ時期自分と比べて、見えてくるもの範囲や量が変わってきた。

 

慣れたことで逆にこれまでの至らない点が数多く見つけられるようになった。

逆に力を入れる部分と抜く部分についても少しずつ分かるようになってきた。

 

周りの人間関係についても見えてくるものが多くなった。

 

その分考えすぎてしまうことも増えた。

 

 

ただでさえ考えすぎてしまうのに、余計に深みにはまってしまう。

 

見えるものが多くなったが、解決や創造が苦手な自分はそれをうまく生かせないでいる。

 

 

「仕事はやるかやらないかだ」とよく聞くが、仕事には適性という壁が存在し、それを頑張って越えられたらよいが、頑張っても頑張っても越えられない場合がある。そして、心身に異常をきたす。

 

自分は昔から極端な人間で、「頑張りすぎる」「考えすぎる」か何もしないかのどちらかであった。

 

適度ができない。

 

もうこれは変えられないのかなと思う。

 

「適度に」ができない分、せめてローギアを継続できるようにしたい。

やったりやめたりするのではなく、「ゆるやかに」に生きたい。

 

あー、やっぱり難しい。

 

 

プリッとChannnelの主軸、おだんごさん。

おすすめユーチューバー、プリッとChannnel。

 

様々な面白い企画を考え配信されている。

しかも毎日。

 

毎日配信して、あのクオリティを保てていることにただただ驚くだけ。

 

 

渡さん、ポロシャツさん、どんぐりのお三方がプリッと辞められて、新たなメンバーが仲間入り。

 

娘。さん

世直しさん

パンダさん

 

このお三方が新加入された。

 

 

メンバーチェンジ以降も登録者数は伸び続け、とうとう70万人を突破。

 

 

個人的におすすめのメンバーはおだんごさん。

 

主に大食い企画に出演。

 


【爆食】すき家の牛丼メニュー全種類食べてみた!

 

上の動画にて、おだんごさんの言動にコメント欄が炎上していたが、その後はプリッとの主軸として人気を支えている超重要メンバーと言える。

 

以下、個人的おすすめおだんごさん出演動画です。

 

 


【大食い】デブはすき家の牛丼を何杯食べられるのか?【限界食い】


人は2時間でどれだけ太れるのか!?


デブにいきなり一万円を渡したら使い方が想像を超えてた!!


【検証】一週間同じ寝起きドッキリされたらキレるのか...?

 

 

上記以外にも、あごキングさんとの早食い対決やサスケさんとの絡みも魅力。

 

 

おだんごさんは、安定の大食いっぷりと優しい人柄がステキです。

 

新メンバーの方々の加入後の動画のコメント欄を見ると、おだんごさんへのポジティブなコメントがより増えたように思います。

 

新体制になってから、おだんごさんの存在感がより際立ってきていますよね。

僕もおだんごさんが出ているのを観ると何だか安心します笑。

 

今後もお身体に気を付けて頑張って欲しいです。

 

 

発達特性のある人間にとっては、適度に頑張ろうの「適度」が分からないから困っているのである。

気持ちの切り替えに時間がかかる。

 

何か自分の中でうまくいってないと思った時や他者から何かを指摘された時、気分はもう奈落の底である。

大げさではなく、発達特性のある人間はこう思ってしまいがちだ。

 

0か100しかない。中間がないのだ。

適度な感じ方、受け止め方、捉え方ができないのである。

 

 

こんな自分の特性は一生治らない。

 

はっきり言いたい。

発達特性は治らない。

 

しかし、特性を薄める(一般的な感覚に近づける)ことはある程度はできる。

ただそれでも、薄めようとすればするほど、本来の自分から遠ざかるため、無理をきたして、メンタルが壊れる(二次障害につながる)。

 

特性のある人間が生きていくためにはどうすればいいか、いつもいつも悩み苦しむ。

 

生き抜く術を知りたい。

 

がんばりすぎないことが大切ではあるが、適度ながんばりほど自分にとって難しいものはない。

 

適度を知りたい。

 

リーダー2年目スタート

元号が発表された。

 

令和

 

「令」←この漢字は全く予想していなかった。

 

賛否両論はあるようだが、きっと時間経過とともに慣れていく違いない。

 

個人的には響きがかっこいい思う。うん。

 

 

そして、本日より新年度がスタート。

 

リーダー2年目なった。

 

 

今年は「とにかくやってみる」テーマに進んでいこうと決めている。

 

結果や周りへの影響を予測しつつも、行動する。

 

 

 

これに尽きるシーズンにしたい。

 

 

 

自分なりの朝活

今朝は5時45分に起床、ダラダラした後に、外へウォーキングに。

 

帰宅後は家の掃除。

 

朝食。

 

 

これらのことが9時までのところで終わった。

 

すばらしい。

 

 

早起きすると得した気分になる。